家族旅行の旅費を抑えるには

家族が増えると、夫婦2人の時に比べて旅費がぐっと増えます。しかしお金はかかりますが、旅費を抑えつつ家族旅行には行きたいですよね。旅費を抑える方法はいくつかありますが、家族が増えても旅費を抑えることができる方法についていくつかあげたいと思います。

こどもが未就学児の時に旅行に行けるなら、この時期は絶好のチャンスです。未就学児とは、0歳から幼稚園生までのことです。この時期の子供だと、添い寝の場合は宿泊料が無料になる旅館が多いのです。

その代わり、アメニティや食事などはつきませんが宿泊料無料の魅力には勝てませんよね。何歳まで添い寝が無料になるかは宿によって異なるため、直接宿に問い合わせて添い寝無料のところに宿泊すれば旅費をかなり抑えることが可能です。また、子供が未就学児の時に旅行に行くことができれば、親の仕事の都合さえつけば、平日に旅行に行くことが容易になり、安いときに旅行に行くことができるため、その点でもおすすめです。

もしも、子供が小学生以上でしたら子供の宿泊費を無料にするのは不可能に近いでしょう。そんなときにおすすめなのは、国民宿舎や休暇村などの公共の宿を利用することです。これらの宿は営利を目的とせずに運営されているため、安く宿泊することができるのです。また、和室のお部屋の宿が多いため、小さいお子さんを連れた家族旅行でも安心です。

また、全体の宿泊料を抑えるには、キャンプ場に泊まることでかなり宿泊費を節約することができます。アウトドア派の家族でテントなどのキャンプ道具を持っている場合は問題ないですが、1からそろえなければいけないのであれば、バンガローやロッジを借りることでかなり宿泊料を抑えることができます。キャンプ場のロッジなどは、一人当たりの料金ではなく1棟ごとの料金となる場合が多いので、人数が多くなっても宿泊料は変わりません。

このように家族が増えても旅費を抑える方法はたくさんあるのです。旅費を気にせず家族旅行を楽しめるとよいですね。